お休みのお知らせ

6月4日(土)は、学会参加のためお休みとなります

通常のお休み

 水曜・土曜の午後・日曜日・祝日がお休みです

 最近のつぶやき on twitter

現在、"最近のつぶやき"がうまく表示されません。
お手数ですが、左の顔をクリックしてください。

不妊治療

当院では腰痛・肩こりなど代表的な疾患以外に、婦人科疾患、特に不妊治療に力を入れております。 お蔭様で、当院の治療期間中に多くの方が、妊娠・出産をされております。

(もちろん"はりのチカラ"だけではありません。病院の治療や患者さん自身の努力+"はり治療"です)

また、はり治療は「認定不妊カウンセラー」が行いますので、普段のはり治療の時に、今まで気になっていた疑問や質問が気軽にできます。

詳細は、当院ウェブサイトの『不妊治療』 を参考にして下さい。

Welcome!

院長あいさつ

はじめに

近年、東洋医学(はり[針]・きゅう[灸]・漢方薬)の研究や見直しが進められています。

鍼灸の治療により、自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが調整され、免疫力が高まり、自己治癒力が促進されると考えられています。

この作用により、回復を早めたり、悪化を防ぐことが可能になります。

また、鍼灸治療には、副作用がほとんどない
「副作用がほとんどない」とは…
鍼灸の副作用には、施術後のだるさ・微熱などがあります。"はりかえし"と言われることもあります。 このような症状は、症状が悪化したわけではなく、免疫が上がったために起こる前向きな反応だと考えられます。
しかし、このような前向きな症状でも副作用(side effects)に含まれますので、副作用がほとんどないとの表現になります。
ため、継続した治療が安心して受けられます。

鍼灸治療を継続することで、免疫が賦活化され、病気になりにくいカラダになり、病を未然に防ぐことができます。まさに"予防に勝る薬なし"です。

鍼灸治療については、WHOが15年以上も前に、生理痛・月経不順・冷え性・不妊などの"婦人科系疾患"をはじめ、 "自律神経失調症"、"アレルギー性湿疹"、"喘息"、"耳鳴"など、 かなり多くの疾患において鍼灸療法の有効性を認めています。

当院でも上記以外の幅広い疾患について治療を行っております。

当院のウェブサイトを通して、"はり・きゅう"は、腰痛・五十肩・膝の痛みだけではないことを知って頂き、当院で、それを実際に体験して頂ければ幸いと存じます。

WHOのレポート(*)によると、ドイツでは、ペインクリニックの77%が鍼治療を提供しており、 フランスでは、人口の75%が少なくとも一度は補完代替医療を利用したことがある状況だと伝えています。

また、同レポートで、イギリスにおいては、相補的または代替医療への支出が2002年の報告時点で年間米23億ドルに達しており、 上記のような裕福な国では、患者が年々増加しており、予防や緩和ケアのために代替医療に頼るケースが増えてきているとされています。


はり・きゅうの効果とは…。

  • 自律神経の調整と免疫向上が促されます!
  • よって、さまざまな疾患に効果が期待できます!
  • その治療効果はWHOが15年以上前に認めています!
  • 実際に海外でも医療の現場で使われています!!
[マメ知識]
鍼灸師は国家資格です。正式には「はり師」と「きゅう師」に分かれており、専門の教育機関で必ず3年以上勉強することで国家試験の受験資格が与えられます。 「はり師」と「きゅう師」のそれぞれの国家試験に合格したら、「はり・きゅう師」となります。

はりあんの"はり・きゅう"の特徴

ここちの良い"はり"

はりあんの特徴は、ズバリ!「ここちの良い”はり”」です。 はりあんの"はり"は、痛くないから、ここちが良いのです。

『 なぜ? "はり"をさすのに、痛くないのでしょうか・・・?』

それは、まず第一にズブズブと深く刺さないからです。 はりあんの"はり施術"は、はり先がほんの少し皮膚に優しく触れる "経絡治療"と呼ばれる施術方法です。

次に、使用する"はり"の太さは、髪の毛と同じくらいの細さの"はり"を使用します。 また、使用する"はり"全て使い捨て(ディスポーザブル)タイプなので衛生面でも安心です。

さらに、一般的に"はり"の素材はステンレスが多いのですが、当院では、"銀のはり"を使用しています。 "銀のはり"は、ステンレスと比較して柔らかく、人体になじみやすいと言われています。 もちろん"銀のはり"でも、使い捨て(ディスポーザブル)です。

はりあんの特徴

  • 浅く優しい"はり施術"なので痛くない
  • 更に柔らかい"銀のはり"を使うので、刺激がマイルド
  • 全て使い捨ての鍼なので、衛生的で安全・安心

気になったら、まずは行動!


当院は表通りに面しておりませんので初めて来る方には、チョッとわかりにくいかもしれませんが、インターネットや口コミを通して幅広い地域(新発田市・燕市・三条市・五泉市・阿賀野市・長岡市etc)からご来院頂いております。

当院の鍼灸治療は、平成26年5月23日(金)の新潟日報・朝刊の生活面
『不妊治療への取り組み』として紹介されました。

 

はりあんでは、これからも安全・安心をモットーに患者さんに負担が少なくかつ効果が高い治療を目指していきます。


鍼灸治療が気になったら、まずはお電話下さい!

Tel : 025-231-2929